松任谷由実 TIME MACHINE TOUR に行ってきました
2018.12.19
埼玉スーパーアリーナで行われました。



私がユーミンの存在を知ったのは1974年の8月。TBSラジオのパックインミュージック、パーソナリティーは林美雄でした。ゲストとして松任谷由実と石川セリが出演していました。このとき松任谷由実は20歳、石川セリは21歳で、ユーミンはまだ大学生だったわけです。

当時はふたりとも無名でしたが、両者の曲に衝撃を受けて、この放送が私の志向がポピュラー音楽に向かっていくきっかけとなりました。ただ、私の興味が高校からジャズ中心に移ってしまったため、ユーミンのコンサートには行ったことがありませんでした。

座席の背に変なものが取り付けられていました。このまま座ると背中がグリグリします。一緒に行った家内に

「これは腕にはめるものよ。説明が書いてあるでしょ」

と言われてしまいました。確かに、入場したときの配布物に説明がありました。



会場はセンターステージです。ステージには4本の鉄骨のように見える柱があり、そこに歯車のようなオブジェが付いていました。このステージは見たことがあります。そうです。「ジキソー未だ修行中」のときとおそらく同じものです。装飾品は違いますが。

会場を見回すと、モニタがありません。私はオペラグラスは持たない主義なので、これではユーミンの顔が見えません。しかし、コンサートが始まるとその謎が解けることになります。

18時30分から開始です。まず舞台の周り(アリーナ席と同じ高さの床)を泥棒のような人影が怪しい動作で一周します。その後曲が始まりました。セットリストは以下のようでした。

1. ベルベット・イースター
2. Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生
3. 砂の惑星
4. WANDERERS
5. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
6. 守ってあげたい
7. Hello, my friend
8. かんらん車
9. 輪舞曲
10. 夕涼み
11. 春よ、来い
12. Cowgirl Blues
13. もう愛は始まらない
14. CARRY ON
15. セシルの週末
16. ハートブレイク
17. 結婚ルーレット
18. 月曜日のロボット
19. ダイアモンドダストが消えぬまに
20. 不思議な体験
21. Nobody Else
22. ESPER
23. COBALT HOUR
24. 宇宙図書館

アンコール

1. カンナ8号線
2. DESTINY
3. アンコール
4. ひこうき雲
5. やさしさに包まれたなら

照明が目まぐるしく動き、色が変わり、点滅します。そして舞台に垂れ下がる薄い膜にはプロジェクションマッピングが映し出されます。照明を中心とした演出なので、モニタは邪魔なのです。

腕につけた装置も派手に色を変え、点滅します。AKBグループのコンサートですとペンライトの色を変えたり点灯したりするのはファンの役割ですが、ここでは電波による司令で自動的に行われます。点滅する場合は周波数が早いので、光過敏性てんかんを持つ人は注意が必要です。

ユーミンは何曲がごとに衣装を取り替えますが、こちらもド派手でした。

ユーミン自体は歌が下手だと言われています。私が昔聴いた生中継のコンサートでは音程が外れまくりでした(「北原ダイヤモンド」みたいな感じ)。しかし、今回は音程はきちんと合っていました。口パクかどうかは顔が見えないので確認のしようがありません。音を長く伸ばさない傾向がありましたので、ひょっとしたら生歌かもしれません。

MCのときはファンがひとことひとことに拍手をしてくれます。優しいファンが多いようです。些細な話でも拍手が来るので、AKBグループとはだいぶ違うなと感じました。

いわゆるニューミュージックはロック系とフォーク系に別れますが、ユーミンは明らかにロック系だと改めて感じました。アレンジははっぴいえんどなどから影響を受けていますから、当然といえば当然でしょう。

コンサートの時間はアンコールも含めて2時間40分ほど。AKBとは全く違う世界を堪能することができました。それにしても私のようにAKBもユーミンも聴く人間というのはどのくらいいるのでしょうか?
2018.12.19 22:13 | 固定リンク | 音楽 | コメント (0)

- CafeLog -