AKB48 チームK単独コンサート 〜チームKのKってなんのK?〜 に行ってきました
2019.01.12
TOKYO DOME CITY HALL で行われました。



セットリストは以下のとおりでした。

M01 Teacher Teacher
M02 口移しのチョコレート
M03 Innocence
M04 GAGAGA
M05 ハートの独占権
M06 下衆な夢
M07 性格が悪い女の子
M08 君はペガサス
M09 誘惑のガーター
M10 10クローネとパン
M11 幼稚園の先生
M12 How come?
M13 ALIVE
M14 NO WAY MAN
M15 エリアK
M16 RESET
M17 細雪リグレット
M18 愛しきライバル
M19 哀愁のトランペッター
M20 終電の夜
M21 最終ベルが鳴る
M22 回遊魚のキャパシティ
M23 転がる石になれ
M24 支え
E1 彼女になれますか?
E2 君のことが好きだから
E3 バッチコイK
小嶋真子卒業発表

今まで私は現在のチームKにあまり関心がありませんでしたが、もともと峯岸みなみさんが好きで、また「RESET」公演を観てから市川愛美さんに興味を持ちました。また茂木忍さんや下口ひななさんなどはとても面白いキャラクターの持ち主ですし、横山結衣さん、岡田梨奈さん、中野郁海さんなど若くてダンスが上手なメンバーもいます。AKB48の中ではいちばんイキのいいチームです。

コンサートは「Teacher Teacher」から始まり、観客をぐいぐいと引き込んでいきました。さすが、ダンスのチームKです。

個人的に良かったと思ったのは以下の曲です。

ハートの独占権
武藤姉妹が披露しました。実の姉妹によるパフォーマンスは上西恵・上西怜ぐらいでしょうか。いつも劇場の自己紹介ではお互い暴露合戦となっていますが、この曲中でもそれが写真付きで行われました。ダンスが上手い武藤姉妹ですが、この曲ではふたりともピンクのブリブリ衣装でした。とくに小麟ちゃんはものすごく可愛く見えました。

NO WAY MAN
TV番組でもセンターを務めた横山結衣がまたもセンターに立ちました。ヒップホップの名手ヨコちゃんの進化は留まるところを知りません。鬼気迫る迫力のパフォーマンスでした。この子が入ってくれたことはAKB48全体にとっても良い刺激になっていると思います。

終電の夜
哀愁のある、しかし爽やかな、フォーク調の曲です。チームKはダンスだけではなく、こんなに叙情的な表現ができるんだよ、と教えられている気がしました。また、メンバーひとりひとりの個性がよく分かるように仕上げられていました。

彼女になれますか?
もともとは「RESET」の曲ですが、私には「アイドル修行中♡」の印象が強いのです。しかしチームKらしく、元気に、爽やかにパフォーマンスしてくれてとても嬉しく思いました。

最後に小嶋真子さんの卒業発表がありました。当然理由があっての卒業でしょうが、今後選抜に十分なれる可能性がある人なのでとても惜しいと思います。また、彼女の特長はそのコミュニケーション能力です。先輩にも遠慮なく入っていけるのは貴重な才能であり、先輩と後輩との橋渡しも期待したかったところです。彼女の卒業で14期は岡田奈々さんだけになってしまいます。これも時代の流れです。

今回のコンサートは大成功でした。私は一連のコンサートでチームKしか当たりませんでした。実はチーム8がキャンセル待ちで当たっていたのですが、他に見たいものがあったので残念ながら行けませんでした。

- CafeLog -